消費者金融の審査に通るには

消費者金融の審査に通るには

消費者金融は仕事をしていればお金を借りることができます。

ローン全般に言えることですが、仕事をしていないと収入がないので借りることはできません。
無職でも融資するということは、業者にとって非常に大きなリスクとなるため、審査の最低基準として、仕事を持っていて安定収入を得ていることを重視するのです。

収入がなければ、ほかの属性が完璧でも借りることはできませんので、消費者金融を利用したい方は、まずは仕事を見つけてください。

権利的な収入(家賃収入)などは収入とみなされないケースが多いので、公務員、サラリーマン、パート、アルバイトといった方でなければ借りるのは難しいでしょう。

雇用形態は問われませんが、融資対象となるのは労働収入とするのが普通です。
年金収入に関しては、業者によって対応が変わってきますので、融資可能であるか確認しましょう。

他社からの借金はないほうが審査に通りやすくなります。

住宅・自動車・教育などに関するローンの場合は、消費者金融の審査では借り入れとはみなさないのが普通ですが、カードローンやキャッシングなどに関しては借り入れとします。

借金・借入先を少なくすることで、融資を受けられる可能性は高くなりますので、数社のローン契約をしている方は、おまとめして一本にしたいものです。

借入額は無理をしない範囲で設定するべきなので、現時点で借り過ぎていると判断した場合は、追加で借りるのは避けたほうがいいでしょう。

借入額が年収の3分の1を超えていれば借りることはできません。